かごぼん具'

おでかけにっき

連休終わって梅雨入り前のカラッとした暑くも寒くもない一年で最高の季節の荒川CRをモスモス

南のほうへ行ってみた。

荒川左岸CRが未踏*1なので試走。左岸CRへ行くには彩湖を経由する。秋ヶ瀬橋の下の道をつきあたりまで下りて、左へ入ると50mで右へ入る道がある。そこからさくらそう水門を経て彩湖の湖畔周回路へ合流。

彩湖

彩湖とは?
夏の水不足を解消するために荒川沿いに作られた全長3.7kmの細長い人工湖。完成は1997年と意外に新しい。

湖畔の周回路は歩行者自転車専用道。北側のアップダウン以外はフラット。ただし、完全一周は出来ず、途中の橋でショートカットする形。これで一周4.7km。これとは別に荒川に面した堤防はローディーのサーキットと化していた。

湖の南側を東京外環道(幸魂大橋)が横切っている。

幸魂大橋の南側は手つかずの自然が残っている貴重なエリア。

幸魂大橋の下を潜って少し一般道を走り、左岸CRにアクセス。やや勾配のきつい坂道のカーブを反対側へ横断しなければならない。約2kmで今度は首都高5号線(笹目橋)の下を潜って笹目水門。その後、登ったり下りたり繰り返していると芝川水門に着いた。横のキッチンとれたては相変わらずメチャ混み。ロードバイク30台は停まってる。0.1秒でスルー。鹿浜橋を渡って右岸へ。追い風になり、途端にペースが上がる。ラクラク30巡航。

浮間公園で休憩

この池は荒川放水路を造成したときに取り残された旧荒川の河跡。人工の三日月湖と言えよう。

戸田橋で再び左岸に戻り、彩湖を通って、秋ヶ瀬公園を通って帰路についた。羽根倉橋過ぎて順風に乗って気持ちよく快走していたところ、突如ローディーに音もなくぶち抜かれた。よせばいいのにスリップストリームに入って追走しようとした。全力で漕ぎながらサイコンを見ると40を超えていたが、差は拡がるばかりで諦めてペースダウン。いったいローディーとわたしは何が違うのだろう。


今月400km走って、既に昨年一年間の走行距離の8割に達している。また、月間最高記録を12年ぶりに塗り替えた。

昨日と違い、やや湿度が高かった。気持ちよく走れるのも今日限りだろう。明日雨だし。

*1:今回は昭和水門〜芝川水門の間。鹿浜橋以南や糠田排水機場以北も未踏だが、また次の機会に。

連休終わって梅雨入り前のカラッとした暑くも寒くもない一年で最高の季節の武蔵水路CRをモスモス・其ノ弐

北のほうへ行ってきた。

前略、こちらは大間見晴らしの丘公園。

昭和22年のカスリーン台風による大雨でこの場所が決壊した。堤防を復旧した場所に作られた公園。富士山はあいにく見えなかった。はい次

続きを読む

連休終わって梅雨入り前のカラッとした暑くも寒くもない一年で最高の季節の武蔵水路CRをモスモス

武蔵水路とは?
利根川大堰から取水して荒川へ注ぐ全長約14.5キロの人工河川。水路沿いにサイクリングロードのような道が整備されているのを空撮画像で発見。試走してきた。荒川へ注ぐ箇所は鴻巣市の糠田排水機場。そこまでは荒川サイクリングロード左岸を走行。左岸の圏央道以北は未踏だった。いちおう全面舗装だったが、周囲の田畑から土砂が入り込んでる箇所が散見*1され、また下草も伸び放題で晴天が続いた日しか走れないだろうな、という感想。

*1:そもそも羽根倉橋以北の河川敷の中を通るルートすべてに共通する。前日雨天だったら堤防上か一般道を走るほうが自転車汚れなくて済む。

続きを読む

富士山を見ながら荒川CRモスモス

今季さいたま初ライド。ネタとしては、4つ。
・荒川までのアプローチルートを変えてみた。交通量の多い幹線道路2本をどこで渡るかが鍵。今までは2ヶ所とも信号のない交差点でなかなか渡れなかったが、新ルートは、1ヶ所は信号のある交差点にしてみた。
入間川と荒川に挟まれたルートが走れるようになっていた。
・今日初めて上江橋〜羽根倉橋の右岸を走ってみた。上江橋から大宮GC辺りまでは堤防下の一般道を走るしかない。
・まだ上旬だというのに5月の月間最高記録を12年ぶりに塗り替えた。

右岸堤防へ上がると富士山がきれいに見えた。

こちらは左岸からの眺め。

南砺の里山サイクリング

南砺市里山を巡るモデルコースをアレンジして走ってみた。

というか、走ってから似たようなコースだなと勝手に思っただけだが。

赤祖父の円形分水槽

昨年、カブで来た場所

桜ヶ池

知らないうちに湖畔を一周する道が整備されていた。途中の展望休憩所から。


4日連続サイクリングを完遂。充実した休暇だった。

春のおっさんサイクリング'24

ルートは水橋~生地往復49km

↑距離が奇しくもCQ CQ (゚ー゚;

GWのおっさんサイクリングは4年連続10回目。集合時刻の25分前に水橋フィッシャリーナ到着。レッ○ブルでドーピング。

友人Kと、Kの友人のSさんが到着。自転車のタイヤに空気を入れ、9:28出発。

天候快晴、気温25℃、向かい風に近い横風を切り裂くトレーニング。リハビリのおかげかそんなに苦しくなかった。ウェーブパークから早月川河口まで海沿いのCRを通る。すぐ横の道を驚異的な速さで駆け抜けていくローディーにKが声を掛けた。知人らしい。しばし一緒に流したあと別れた。ロケットのような速さで数秒で見えなくなった。

片貝川の橋の上で北アルプスを撮影
僧ヶ岳

立山方面

魚津水族館で巨大魚、ペンギン、アザラシに挨拶して蜃気楼ロードを機械的に漕ぐ。

海の駅うおづでは多数のミラージュハンターがスタンバイしていた。風あるから出そうにないな。

生地の湧水スポット到着。水を持ち帰るためにドリンクボトル2本持ってきた。まろやかでほんのり甘さを感じる天然水がのどを潤す。ランチは漁師が経営している喫茶店「北洋の館」に立ち寄った。初訪したときは漁具倉庫なのか茶店なのか判らないインテリアで、お姉さんとおしゃべりしてお茶無料という斜め上の営業スタイルだったのだが、一昨年7年ぶりに来てみるとおされな茶店になっていた。席に腰掛けて料理を注文。Kはそば定おにぎり、Sさんは味噌ラーメンおにぎり、わたしは塩ラーメンを注文。

ラーメンは塩分が濃いため普段は食べないのだが、激しい運動をして発汗したので1年ぶりに食べたくなった。おなかが空いてのども乾いていたのでぺろりと完食。前より美味しくなってる気がする。ごちそうさまでした。

残雪の北アルプスが美しい。見慣れた景色だが、何度見ても素晴らしい。

復路は風に押されて&風よけの恩恵を受けて激走。平地で40キロは、ソロサイクリングだとなかなか出ない。ハートレート180超えた。

満足した。