かごぼん具'

おでかけにっき

ビワ一

琵琶湖一周してきた。カブで。

朝、思いついた。一周120kmの筈だから*1ドアtoドア5時間あれば回って来られるな。

朝7時に出て12時に帰宅するつもりだったがなんだかんだで8時出発。無計画ツーリングとは得てしてそういうものである。

宇治川(瀬田川)沿いに北上して唐橋で対岸へ渡って左回りルートを選択。順調だが交通量が多すぎる。湖畔沿いの園地の駐車場はどこも満車で芝生に大型テントがずらり。密を避けて密になってるパターンや。長命寺町からメインルートを離れ、雑木林の中の細道を往く。

沖島

ほとんど走りっぱなしだったのに1時間50分で3分の1走ったかどうかってところ。冷静に考えれば気がつくレヴェルなんだが、初ビワ一にテンション上がってて微塵も疑問に思わなかった。ちょっと寒くなってきてカッパ上着を着た。

11時、木之本で給油。

ついでに余呉湖を見たくなった。

湖畔に横付け。ふと横を見ると野外食事中のファミリーと目が合った。気まずくなって、写真2、3枚撮っただけで離脱。出るときに湖に繋がっている川をみると、水が流れ込んでいた。え?三方を山に囲まれて、唯一開けてる側にある川が流れ込んでいたら水位上がるだけじゃんか。なんだこの不思議な湖。余呉湖は琵琶湖と同じ断層湖でかつては琵琶湖の一部だったらしい。南側が隆起して分離したのなら川は北側へ流れ出る筈。なのに実際は逆。意味が解らない。

さて、行程の60%を走っているのにまだ気がつかない。トリップメーターも時計も無いバイクなので走りながら進捗管理できないんだよね。そもそも総距離を80km少なく思い込んでいるのが致命的。そのうえ奥琵琶湖パークウェイも行こうとしていたが、入る道を見落としたのは不幸中の幸い。湖西は高規格道路を通らず湖畔の道をチョイス。

首がつらくなってきて休憩

水辺に下りてみた。

砂じゃなくて礫なのね。これが砂になるくらいの波は立たないし、その前に湖が北西へ移動するから、これから陸地になっていく湖東に比べて湖西に砂浜は出来にくい(持論)。

時計を見たら正午すぎ。流石に真相に気づいた。しかし、来てしまったものはしょうがない。ひたすら走るだけである。今日も堅田周辺の酷い渋滞に参加。浜大津の渋滞も常軌を逸していた。自分を機械だと思ってストップ・アンド・ゴー。復路も瀬田川に沿って走る。結局瀬田川沿いのクネクネ道がいちばん楽しかった。ビワ一は苦行でしかなかった。バイクでもしんどいのに自転車で走るなんて無理やわ。

15:20帰宅。267km、メシ抜き。

*1:と思ってた。実際はショートで160km、フルで200km。ちなみに120kmは霞ヶ浦

イカの駅つくモール

掲題の場所に行ってきた。バイクで。

往路はR159津幡BP〜のと里山海道珠洲穴水リンク〜柳田から宇出津に出てR249等。のと里山海道は無料になってから初めて走った。能登有料道路時代は料金所で停まるのが億劫でバイクではほとんど利用しなかった。こんなアウトバーンあったら能登空港要らないんじゃ?柳田で給油したらハイオク185円だった。

マスク忘れたので遠映しか撮ってない。尤も近くで撮ろうにももれなく無関係の第三者が映り込んでしまってブログには掲載できないが。

イカのオブジェを観て満足したので帰ろう。(滞在時間7分)

復路は海岸沿いに宇出津へ出てR249で穴水〜のと里山海道〜R249七尾田鶴浜BP〜能越道。バイパスと能越道は接続してないんだ。能越自動車道はほぼ全線無料のアウトバーン。七尾〜高岡北ICは対面通行かつ半分生活道路でペースが上がらない。能越道は有料の自動車専用道路として作られたが事業半ばで採算が取れないと見込まれて無料になった経緯をもつ。

いっぺんに300km以上走行したのは2年7ヶ月ぶり。右手首が痛い。ニーグリップしすぎて股関節も痛い。

桜ヶ池

6ヶ月ぶりに自転車漕いだ。

行き先は桜ヶ池。農業用ため池の湖畔に遊具を備えた公園とコテージがあり、池は手漕ぎボートに乗れる。寒くて風が強かった所為か1艘しか出ていなかった。近くに日帰り温泉東海北陸道城端PAもあって、南砺市の一大リゾートエリアと言ったら言い過ぎか。 ゴールデンウィーク初の好天に恵まれてカップルや親子連れでごった返していた。

写真撮り忘れたので2017年のを貼る。

ももが痛い。

万灯呂山

万灯呂山(まんどろやま)にカブで行ってきた。

標高は地理院地図では303m

広場をはさんで見晴らしの良い場所がある。

展望広場に四阿

よく整備されている。

つつじはちょっと早いか。

人口密集地に近いので夜景もきれいだろう。

2年半ぶりのツーリング

別宅から京都まで自走。大型ではなくカブを持ってきた。

朝の天候晴れ、気温6℃。大まかな経路はR8〜R161〜R1。机上の計算で257km。平均時速40キロとして、バイクタイム6時間半の見積り。

石川福井県内は順調に走行。石川県内は山側環状〜加賀産業道路は起伏に富んだ道路だったが早朝のトラフィック少ないときに通過できた。R8小松BPであっという間に大聖寺福井県のR8は二輪の停止線がまだあって、路肩も広くて快適だった。杉津の断崖にへばりつくようなワインディングロードをひらりひらりとコーナリングしているとバイクに乗っている気がする。快調に敦賀BPを走っていたらスタンドが無かった。滋賀県まで持つか心配になってきたところにアポロマークが現れて即ピットイン。交通の流れに乗っていたのに54km/Lとか燃費良すぎる。雨が落ちてきたのでカッパを着た。

滋賀県内に入ると青空が見えて気温が上昇。R161高島BPは自動車専用道路としか思えない高規格道路。125cc以下進入禁止の標識無かったし、自転車レーンあるから原付も走っていいんだよね。と若干心配しつつも快走。日本海側ではほとんど見なかったバイクがぎょうさん走っとる。結構ピースサインされた。けれども、ハンドルカバーから手を出すのが億劫で全部無視。

湖畔沿いを離れ山側へ上がっていく辺りでやっと125cc以下進入禁止の標識が出現。湖側の道路は暫くは快走できたが蓬莱辺りからノロノロ運転につきあわされた。ただでさえ狭い道が無理矢理設けられた自転車レーンによって更に狭くなっている。尤もジモピーは自転車レーンお構いなしに跨いでいたが。琵琶湖大橋の前2kmから雄琴温泉を抜けるまでガチ渋滞。クラッチレバー握る必要が無いカブとは言え3速も使えないストップアンドゴー渋滞は堪える。湖西回りはこれがあるからなぁ。湖東回りで大型トラックに幅寄せされるのとどっちがマシだろうか。

大津市内は前に自転車で来たのでなんとなく覚えていた。無事R1に合流、逢坂関を越えて下り。左にカーヴしながら左から名神、R1、山科市街と3つに分岐するポイントにさしかかった。分かっちゃいたけど実際の分岐が迫ってくると、左車線に居たら高速道路に乗ってしまう錯覚をおぼえ挙動不審になって周囲の車に迷惑をかけたかもしれない。某交差点を左折して知ってる道に入ってひと安心。

14時すぎに京都の自宅到着。メーター読み254km、平均41.2km/h。1ストップ、昼メシ抜き、気温ほぼ1桁。ツーリングというよりただの荒行だった。写真なし。