かごぼん具'

おでかけにっき

粕尾峠と名も無き峠

コンテストで移動運用する場所の下見をした。関東平野で局数を稼ぐには大票田の東京都、神奈川県、埼玉県に開けた場所が有利。代表的なのは筑波山である。標高があるうえに指向性アンテナを動かさず大票田と交信できてしまう。しかし、朝から移動しても、目ぼしい場所は既にガチ勢が運用しているのだ。早い人は昼前に到着して明るいうちにアンテナ設営を済ませ、19時頃から周波数確保のための交信を始め、21時の時報と同時にCQコンテストに切り替えてしまう。Google Maps地理院地図や地形アプリを駆使して大票田に対して開けてる人里離れた場所を探した。机上の計算では合格でも現地まで行けるかどうかは実際走ってみないと判らない。予め当たりをつけた場所を今日現地踏査。

まずは横根高原にある勝雲山の登山口を目指す。最寄インターは東北道栃木インターだが、下道でも1時間半位なのでALL下道利用。しかし、インターからが長かった。栃木県道15号線の粕尾峠から横根高原へ分岐する道がある。最後の民家を過ぎて100mで道の性格ががらりと変わった。SS1の登場。急勾配・つづら折れが多く、さらに狭隘な区間が多い。粕尾峠から横根高原へ行く道は来月15日まで冬季閉鎖中だった。登る前から交通案内板で判っていたが。
f:id:kagobon:20190224111555j:plain

f:id:kagobon:20190224111634j:plain
いちおう粕尾峠の飛びもチェックしとこう。アルインコDJ-G7で144/430/1200MHz帯のアクティヴィティを調査。430MHz帯で東京都武蔵野市の固定局がフルスケール。千葉県富津市鋸山移動局(約170km)も聞こえた。意外と飛ぶかも。しかし、狭隘路とはいえ鹿沼市足尾町を結ぶ幹線道路沿いであり、クルマが通る度に好奇の視線に晒される。自分にはちょっと無理かな。

峠の北側を下りて、一旦R122に出て南下、沢入から田沼へ抜ける林道作原沢入線へ。具体的には黒坂石バンガローテント村を目指し、最後の三差路を右折してひたすら登る。今月初めに降った雪が残っているんじゃないかと思ったらやっぱり残ってた。
f:id:kagobon:20190224120336j:plain
スタッドレスタイヤでもラフにスロットルを開けるとトラクションコントロールが介入してくる。一度カーヴで四輪とも滑ってヒヤッとした。標高900m過ぎから陽が当たり始め、路面の心配は無くなった。

標高1109mの名も無き峠に到着。群馬県みどり市と栃木県佐野市の境界にある峠で、駐車スペースは群馬側。そこからの足尾山塊越しに皇海山日光白根山の眺望が素晴らしい。
f:id:kagobon:20190224121153j:plain
マチュアバンドのアクティヴィティチェック。粕尾峠と同程度と思うが1200Mの交信が聞こえた。
f:id:kagobon:20190224122206j:plain:w320
地形的に西側がやや厳しいかもだが、大票田に対して開けてるメリットは大きい。しかし、アプローチにかかる時間が莫迦にならないし、携帯電話も通じない山奥である。

林道を南へ下る。落石が多い。時折チャリダーや原付ライダーが登ってくる。北側は凍結してるのを教えてさしあげるべきだったか。急勾配区間が終わると谷筋に沿った楽しさゼロの生活道路へ変化。自分を機械だと思って粛々と操縦。田沼まで下りてくると脳ナビエリア。イオンモール渋滞を鮮やかに躱してよく知った道をトレース。

第三目的地は坂東インター工業団地が造成中の一角にあるラウンドアバウト交差点。
f:id:kagobon:20190224144601j:plain
信号が無く、代わりにロータリー状の道があり、左折で入って右回りに周回して目的の道路へは左ウインカーを上げてロータリーから出る。ぶっつけ本番一発でクリアー。何周かして出るのが楽しい使い方かもしれない。坂東〜つくば中央を圏央道利用。所要7時間/250kmのドライブを満喫した。

魔方陣スーパーカーミュージアム

栃木県栃木市にある魔方陣スーパーカーミュージアムを見学。建物は旧JR栃木駅舎を移築。レトロチックな洋風建築となっている。
f:id:kagobon:20190126105822j:plain

改札
f:id:kagobon:20190126102327j:plain
ホーム上に停車する気動車が見えたりしてどう考えても鉄関係としか思えない。ミュージアムの入館料800円のところJAF会員証提示で100円引き。

写真撮影は自由
f:id:kagobon:20190126102247j:plain
柵は無いが、車には触らないようにと注意を促された。

展示車の傾向としてはイタ車多め。フェラーリランボルギーニ、マゼラーティ、ランチアアルファロメオ、ブガッティの代表格車種を網羅している。イタリア以外ではポルシェ、ジャグア、ケイターハム、シヴォレー、トヨタ、日産、ホンダ、いすゞなどがあった。以下、個人的にツボだった車種を列挙。

ランボルギーニ カウンタック
f:id:kagobon:20190126104336j:plain
通称「走る畳」リアルスーパーカー世代にとってスーパーカーの代名詞のような車。何でも工芸品にしてしまうラテン民族のブラッドが成せる機能美、造形美は東洋の島国生まれの民族が百年かかっても到達できない領域にあると思われる。

ランボルギーニ ミウ
f:id:kagobon:20190126104451j:plain
V12横置きミッドシップとか頭おかしい(褒め言葉)。

フェラーリ 512ベルリネッタボクサー
f:id:kagobon:20190126103308j:plain
BB格好良いよ、BB

フェラーリ ディーノ246GT
f:id:kagobon:20190126103837j:plain
サイドシルエットの美しさはディーノにかなわない。

ランチア デルタHFインテグラーレ
f:id:kagobon:20190126103143j:plain
インテグラーレ好きすぎて象のマークが付いたHFエンブレムをカッティングシートで作って自分の車(トヨタ車)に貼ってたことがある。

アルファロメオ モントリオール
f:id:kagobon:20190126104534j:plain
初めて実車見た。フロント周りの造形がイタリア人頭おかしいレヴェル(褒め言葉)。

ブガッティ EB110
f:id:kagobon:20190126103626j:plain
初めて実車見た。本当に作ったんだ。

いすゞ ベレットGTR
f:id:kagobon:20190126102827j:plain
最近はいすゞの乗用車も見なくなった。わたしが免許取りたての頃は117クーペやベレットなんてよく走ってたものだが。

ドイツや英国の車はよく分からないので割愛。

ザ・ヒロサワ・シティ レールパーク

茨城県筑西市郊外に鉄道車両を野外展示してある施設がある。輸入車ディーラーを主に展開する多角経営企業が運営するザ・ヒロサワ・シティ。敷地内のパークゴルフ場の駐車場に車を停め、徒歩1分。ガーデンの一角に新幹線、SL、ブルートレインが並んでいた。

f:id:kagobon:20190120124225j:plain

鉄はあまり詳しくないのだが、新幹線はJR東日本で使用されたE2系、SLはD51ブルートレイン北斗星ヘッドマークが付いたEF81電気機関車と後ろに客車(寝台、食堂、ラウンジ)。その他に国鉄払い下げで関東鉄道が使用していたキハ気動車鹿島臨海鉄道優等列車などが整然と展示されていた。新幹線の連結器を間近で見られたのが収穫であった。

f:id:kagobon:20190120130515j:plain

 

同じ敷地内にクラシックバイクミュージアムがあったので見学。Harley-Davidsonの中古車専門店の店舗奥にあり、勝手に入って見てね状態。50台程あったと思うが半端なくクラシックすぎてほとんど知らないメーカーばかり。かろうじてDUCATI 600SS デスモドロミックLツインぐらいしか判らなかった。

f:id:kagobon:20190120132528j:plain

国産車は川崎のアメリカンハイウエイパトロール仕様とか、ヤマハFZ750とか。まぁバイクもあまり詳しくないし。とここまででいちばん驚いたのは、見学者はおろか係員すら一人も会わなかったことだ。貸し切りかと思った。見学無料。

通算6個目のBlog

拙ブログを、はてなダイアリーからはてなブログへインポート。

自動移行だとドメイン名を選べなくなるので重い腰を上げた。

f:id:kagobon:20190119115800j:plain

hatenadiary.comにした。.jpより.comのほうにステータスを感じる20世紀脳。


すぐには出来ないらしい。
f:id:kagobon:20190119115824j:plain

2019-01-19 11:52 STEP1「記事のインポート」スタート
2019-01-19 16:17:23 同 完了
2019-01-19 18:39:10 STEP2「はてなブックマークの移行」完了
2019-01-19 18:57:01 STEP3「記事のリダイレクト」完了
2019-01-19 19:06 公開

 

サイドバーのページヴューが無くなった。24万PVぐらいだったか。

マイBlog歴

1.おでかけ系

 2004-2009 省略

 2009-2011 省略

 2011-2018 かごぼん具

 2019- かごぼん具' ←New !

2.ライフログ

 2016- 非公開

3.アマチュア無線専用

 2016- 日下部ラヂヲ商會

 

年末北陸ドライブ

圏央道からみる富士山シリーズ
常総IC過ぎた橋の上から(138km)

境古河IC過ぎて利根川を渡る手前(128.5km)

桶川北本IC付近(101km)

鶴ヶ島JC直前(88.5km)

3時間後、上信越道妙高高原ICを過ぎた辺り

とても同じ日とは思えない天候の急変っぷりを楽しんだ。

スタッドレスタイヤ2セット目もMICHELIN X-ICEをチョイス。マイナーチェンジして「Xi3+」というサブネームが付いている。ところがフランスメーカーのくせにMADE I CHINAで、自分の中のブランドイメージががらがらと音を立てて崩れた。ブラジル製のMICHELINは見たことあるが、中国製は流石に無い。これで国産メーカーの競合製品より割高とか有り得ん。性能が向上しているとのことだが、経過年数に見合う性能アップは体感できなかった。

2018まとめ

ロングツーリングはしていない。大きな故障と車検が連続し、一瞬降りるか乗り換えを検討したが惰性で車検通した。
サイクリングはつくばローカルしか走っていない。平均40km前後のお散歩レベル。おっさんサイクリングも無かったし。
腰痛が悪化したのと、空いた時間はすべて無線に回したため。

10月に札幌カラオケオフを3年ぶりに決行できたのがナンバー1かな。

旅道具

ロードバイク(人力)
SPECIALIZED ALLEZ ELITE (2012)

昨年より250km減

ロードバイク(原動機付き)
BMW R1100R Roadster (1996)

22年目。OD150000km到達が唯一のトピック

自動車
スバル インプレッサスポーツ 2.0i EyeSight (2012)

6年目。夏タイヤスタッドレス共に2セット目に突入。年間15043km走行(今日現在)